赤ちゃんの虫歯予防を始めるタイミング

赤ちゃんの虫歯予防を始めるタイミングはいつから?

 

赤ちゃんの虫歯の予防をいつから始めればいいのか?という疑問を持っている親は多いでしょう。

 

大人の虫歯と赤ちゃんの虫歯は全く同じもので、多くは子供の頃に発症した虫歯が大人になっても影響し続けます。

 

そこで赤ちゃんのうちから虫歯予防を始めるのが良いのですが、実際に始めるとなるとタイミングが分からなかったりします。

 

今回は赤ちゃんの虫歯が始まる時期に関する情報をまとめましたのでご参考ください。

 

 

赤ちゃんの虫歯が始まる時期と予防を始めるタイミングを紹介していきますね


赤ちゃんの虫歯が始まる時期

赤ちゃんの虫歯が始まる時期はいつから?

 

赤ちゃんの歯は生まれて半年を過ぎた頃から生え始め、遅くても9カ月ごろぐらいには生えてきます。

 

虫歯は赤ちゃんの歯が生え始めてきたと同時に始まる可能性が高いのです。

 

口内にミュースタンス菌が感染するのは歯が生え始めてからです。

 

歯が生えていれば虫歯になるリスクは常にありますが、母乳だけを与えている場合はあまり心配することはありません。

 

ただし、粉ミルクを与えている場合は乳糖以外の糖分が含まれているので、虫歯になり易い口内環境になってしまうので注意してください。

 

虫歯に本格的に注意しなければいけないのが1歳前後になって離乳食が始まった頃からです。

 

離乳食から通常食に変わる頃には前歯が生えてきて、きちんと歯で噛む事が出来るようになっています。

 

個人差もありますが1歳ごろはまだ母乳を飲んでいる赤ちゃんもいるので、メリハリのない食べ方や飲み方をしていると口腔ケアがおろそかになりがちです。

 

まだ歯が添え揃っていない時期でもガーゼや赤ちゃん用の歯ブラシで歯磨きをしてあげましょう。

 

特に前歯の間には汚れが溜まりやすく、虫歯が最もできやすい場所です。

 

次に奥歯と奥歯の間が虫歯になりやすいので、歯磨きだけでなくデンタルフロスなどでケアしてあげると効果的です。

 

歯ブラシに慣れさせるために、歯が生え始める時期には親子で歯磨きタイムを日課にしましょう。

 

 

赤ちゃんの虫歯は歯の生え始めた時に虫歯菌がいると感染してしまいます


赤ちゃんの虫歯の発生率は2歳半までに決まる

赤ちゃんの虫歯の発生率は2歳半までに決まる理由とは?

 

虫歯菌は移るという話を聞いたことはないでしょうか。

 

実は虫歯を作るミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しないのです。

 

ミュータンス菌は家族の食べかけを与えたり、スプーンなどについた唾液から感染することが分かっています。

 

2歳半までにミュータンス菌が口腔内に感染すると定着し、虫歯になりやすい環境を作り出してしまいます。

 

赤ちゃんが一生歯に悩まされるリスクを少しでも抑えるためには、家族からのキスや食器の併用、噛み与えなどを避けることが必要です。

 

さらに、家族の口腔ケアも赤ちゃんにミュータンス菌を移行させない防御法になります。

 

赤ちゃんにとってスキンシップはとても重要で、家族にとってもミュータンス菌のことを気にしながら接するのは大変です。

 

みんなで歯磨きを行えば、赤ちゃんも自然と習慣にすることができますので、家族そろって健康な歯を目指しましょう。

 

 

2歳半になるまでの虫歯の感染状況が成長してから影響していくので予防はしっかり行ってください


赤ちゃんの歯が生え始める時期

赤ちゃんの歯が生え始める時期はいつごろ?

 

赤ちゃんの口の中に初めての歯を見つけた時は何とも言えない喜びを感じます。

 

生まれた時にすでに歯が生えていることも稀にありますが、おおむね6カ月ごろから9カ月ごろまでに最初の1本が生えてくることが多くなります。

 

まず前歯が生えそろい、1歳を超えると徐々に奥歯が生えてきます。そして全部生えそろうのは2歳から2歳半ごろになります。

 

奥歯と奥歯の境目は虫歯になりやすいので、この時期にはきちんと歯ブラシを習慣にして、仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。

 

赤ちゃんの歯が生え始める時期には歯茎がムズムズするため唾液が多くなったり機嫌が悪くなったりすることがあります。

 

時には発熱することもあるので、様子を見てケアしてあげましょう。

 

何かを口に入れて噛むということをしたがりますので、清潔で安全な歯固めなどを用意してあげると安心です。

 

赤ちゃん用の歯ブラシを与えるのも慣れさせるためのアイデアです。

 

 

赤ちゃんの乳歯は平均して約6ヵ月頃から生え始めてきますが、歯の生え方は個人差もあります


赤ちゃんの歯に悪影響の食べ物と飲み物

赤ちゃんの歯に悪影響の食べ物と飲み物は何?

 

糖分を含む甘いものは虫歯のリスクが高くなります。その理由はミュータンス菌の栄養源が砂糖だからです。

 

ミュータンス菌がエサを取り込むと酸を作り出し、歯を溶かしてしまうために虫歯になってしまいます。

 

砂糖を多く含むものの中でも、キャラメルやチョコレート、飴などは特に注意が必要です。

 

ポイントは砂糖が多く含まれ歯にくっつきやすいということです。

 

ジュースや炭酸飲料も砂糖が豊富で、口の中に広がるので控えめにしましょう。

 

口の中に長く糖分が滞在することがリスクを高めるので、だらだら食べたり、食後の歯磨きを怠ってはいけません。

 

逆に果物の糖分は虫歯になりにくく、特にいちごにはキシリトールが含まれているのでおすすめです。

 

緑茶やはちみつにも虫歯を予防する効果がありますので、食べ方やおやつに工夫をしてみましょう。

 

ただし、はちみつには赤ちゃんがボツリヌス菌にアレルギーを発症する場合があるので、1歳までは与えないようにしてください。

 

 

ミュースタンス菌は糖分を餌に増殖するので、食べかすや歯垢を残さないように磨いてくださいね



TOPへ戻る