赤ちゃんの虫歯予防で歯の健康を守りましょう

赤ちゃんの虫歯予防で歯の健康を守りましょう。

 

赤ちゃんが成長してきて半年を過ぎた頃あたりから前歯が生え始めてきます。

 

個人差もあるのですが、1歳を迎える頃には上下の歯も生えて、奥歯も徐々に生え始めてきます。

 

そんな時に気になるのが「虫歯になってほしくない」という想いですよね。

 

やはり愛する子供が健康に育って行って欲しいと願うのは親であればだれもが考える自然な事なのです。

 

しかし、現状は小さなころから虫歯が出来てしまって治療せざるを得ない子供がいるのです。

 

子供の頃に虫歯になってしまうと、高確率で数は増えてしまうのです。

 

もしそうなってしまった場合、虫歯とは一生の付き合いになりかねません。

 

ではどうやったら虫歯を予防し、健康な歯を保つ事が出来るでしょうか?

 

その答えを当サイトで解説していきますので、是非ともご参考ください。

 

 

赤ちゃんの頃の虫歯予防で大きくなっても安心ですよ。


赤ちゃんの虫歯チェック方法

赤ちゃんの虫歯チェック方法をご紹介いたします。

 

赤ちゃんは歯が生え始めると同時に虫歯菌が住める環境となってしまいます。

 

ですが、産まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在しません。これはどの赤ちゃんでも同じです。

 

虫歯菌については後述いたしますので、虫歯チェックについてご説明いたします。

 

1ヶ月に1度(週に1回でも構いません)は必ず赤ちゃんの唇を持ち上げて口の中をチェックするようにしてください。

 

赤ちゃんに歯が生え始めた頃の歯のチェックは欠かさず行う習慣を付けておけば、万が一虫歯が発生した際に発見も早くなります。

 

初期で治療や対策を行っておけば、虫歯は対策する事が可能と言えます。そのための口内チェックとなるのです。

 

以下の3つのポイントを覚えておいてください。

  • 定期的に赤ちゃんの唇を持ち上げて口の中をチェックする
  • 歯茎に歯垢が確認できたら歯医者に相談
  • 磨いても取れない茶色や黄色い斑点があったら即歯医者に行く

 

健康な歯というは、歯と歯茎の間に何も異物が存在しない状態の事を指します。

 

もしも歯茎に沿って白い塊が現れたら場合、すぐに歯科医に相談するようにしてください。

 

この時点で虫歯菌が増殖するための土台が出来上がっている状態になっているからです。

 

白い塊の正体は歯垢(プラーク)と言い、歯茎や歯の間に付着して固まっている状態で非常に硬くなっています。

 

さらに、歯ブラシで磨いても取れない茶色や黄色い斑点が現れた場合、今すぐ歯科医に診てもらってください。

 

これは非常に歯にとって危険な状態であり、初期の虫歯になっている可能性が考えられるからです。

 

赤ちゃんとはいえ、歯が生え始めると大人と同じように歯垢も溜まりますし、虫歯も出来てしまうのです。

 

これらの変化を見逃さないためにも口内チェックは定期的に行ってください。

 

 

必ず赤ちゃんの虫歯チェックは定期的に行って下さい。


赤ちゃんが虫歯になる原因

赤ちゃんが虫歯になる原因はたった1つしかありません。

 

それは虫歯菌が口の中に入ってしまう事です。これはどんな人でも条件は同じです。

 

赤ちゃんが飲む母乳が原因で虫歯になってしまうと思われがちですが、実は全く違います。

 

母乳には虫歯の原因となる成分が含まれていません。なので母乳や粉ミルクでは虫歯にはならないのです。

 

虫歯菌と呼ばれている菌の正式名称はミュータンス菌(ミュースタンス連鎖球菌)と言い、複数の種類が存在します。

 

また虫歯菌は歯の表面にしか存在しないという特徴があるのですが、言い換えると硬いところにしか住む事ができない細菌でもあるのです。

 

基本的に歯が生えている状態でなければ生きていけないので、母親などの口から子供の口に移った際に増殖していき、虫歯へと繋がります。

 

先ほど述べた「産まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在しない」のですが、ある理由で虫歯菌は感染してしまいます。

 

虫歯菌は食事の際に口の中に残った食べかすの糖分を餌にし、ネバネバする成分を出して歯にくっついて生きていきます。

 

そして母乳と糖分が混ざり合う状況のもとでは、虫歯はできやすくなってしまいます。

 

そのネバネバが原因となりミュータンス菌以外の菌も歯にくっついてしまい、これが積み重なって歯垢になっていくのです。

 

さらに歯垢の中でミュータンス菌が増殖していき、歯垢に糖分が付着するのを繰り返して酸が作られます。

 

ミュータンス菌など虫歯の原因となる細菌は歯垢の中に常在しており、歯の中で酸を出して溶かしていきます。

 

これが歯に穴が開いてしまう原因となり、虫歯へと拡大していくのです。

 

この繰り返しが長い期間行われる事で虫歯になりやすくなり、次々と増殖して歯の健康を奪っていきます。

 

虫歯の厳格な定義ですが、細菌の作りだす酸によって歯が脱灰した時点で成立します。

 

脱灰とは、歯の表面にあるミネラル成分が溶け出している状態です。こうなった時が虫歯の始まりです。

 

 

赤ちゃんが虫歯になる原因の全ては虫歯菌にあります。


虫歯菌が感染する経路は?

赤ちゃんの口に虫歯菌が感染する経路はハッキリしています。

 

産まれたばかりの赤ちゃんの口内に虫歯菌は存在しませんが、外部からの進入が唯一の感染経路となります。

 

虫歯菌は口の中で増殖しており、唾液などを通じて他人の口内へと移っていくのです。

 

では、赤ちゃんの口内に虫歯菌が移動すると考えられる行為は意外と多くの方が知っているでしょう。

 

それは母親や家族の虫歯菌保持者が口の中に入れたスプーンなどで、離乳食を掬って赤ちゃんの口の中に入れてしまう行為です。

 

このケースが一番起きやすい感染経路ですが、他にも祖父母が赤ちゃんの事を思って食べ物を咀嚼して与えてしまう行為も感染の原因となります。

 

赤ちゃんの時期に虫歯菌を移してしまう原因は家族にあるのです。よかれと思ってやっている事が結果的に赤ちゃんに虫歯と言う苦痛を与えてしまいます。

 

赤ちゃんに虫歯菌の感染を防ぐには、家族の注意が欠かせません。

 

食事中に赤ちゃんに離乳食を与える場合は、必ず家族の誰かが口に含んでいないスプーンを使用するといった事を徹底して行ってください。

 

家族に虫歯の方がいてもいなくても、こういった食事中の行為には気を使って行きましょう。

 

そして、子供が保育園に通うようになった場合や小学校に入学した後に他人(虫歯菌保持者)が口に含んでしまったものを、誤って口に入れてしまう可能性も考えられます。

 

こういった自宅以外での虫歯菌の感染もありますので、まずは家における感染経路は全て対策しておくのが良いでしょう。

 

また、赤ちゃんと遊んでいる時に親の口に指を入れてくる事がありますが、これも唾液を通して虫歯菌が感染する可能性があります。

 

ですので、もし赤ちゃんの指に家族の唾液が付いてしまった場合はすぐに手を洗わせて殺菌消毒するようにしてください。

 

 

虫歯菌の感染源は家族なので注意してくださいね。


虫歯菌の感染を予防する対策

虫歯菌の感染を予防する対策をご紹介いたします。

 

虫歯菌は感染を遅らせれば遅らせるほど、子供の虫歯の数が少なくなるという事が分かっています。

 

そして感染させない事がベストですが、防げない場合は感染年齢をなるべく遅らせるようにする事が虫歯予防に繋がっていきます。

 

感染の予防として最も大事なのは、保護者の口の中の虫歯菌を減らす事と子供に徹底して感染させない環境を作る事になります。

 

また乳歯が生え始めてくる場合に気を付けたい事は、乳歯は虫歯になりやすいので、毎日の仕上げ磨きは最後の永久歯が生えるまで行うようにしてください。

 

食事中は良く噛む事で唾液の量が増えていき、口の中を綺麗にする効果を得られるので赤ちゃんに食事を与える場合はよく噛むように誘導してください。

 

唾液は歯の質を丈夫にする働きがある為、唾液をより多く出した方が歯にとってもコーティングのようになるので菌を防いでくれます。

 

以下に虫歯菌を予防するコツを纏めました。

  1. 子供の両親の虫歯治療を済ませておく事
  2. フッ素入りの歯磨き剤で毎日歯磨きを2回は行う
  3. 甘いものを食べる場合は食事と同時に食べるようにする
  4. ジュースやスポーツドリンクなどは食事中に飲むようにし、食事の時以外はミネラルウォーターもしくはお茶にしていく
  5. 1日に2〜3回程度、食後にキシリトールガムキシリトールタブレットを摂る
  6. 歯ブラシ同士の毛先がくっつかないように距離を取って置くようにする
  7. つわりで歯磨きが出来ない時はうがいで口の中の食べかすを残さないようにする

この7つの予防法を日ごろから実践して行けば、虫歯の予防も行えます。

 

虫歯菌が赤ちゃんの口内に入ってしまった場合でも、きちんと歯の手入れをしておけば虫歯にならずに済む事もあるのです。

 

この対策は子供から大人まで共通している内容ですので、できるだけ虫歯を防ぐためにも知っておいてほしい方法です。

 

また赤ちゃんの歯の磨き方については、下記にて解説していきますのでご参考ください。

 

 

虫歯の感染は日常の習慣で予防できますよ。


赤ちゃんの歯の磨き方

赤ちゃんの歯の磨き方をご紹介いたします。

 

赤ちゃんの歯を磨く際には素早く効率的に行う必要があります。

 

それは赤ちゃんは短い時間でもジっとしている事が難しいからなのです。

 

歯磨きをし始めてすぐに顔を振り回し、体全体をバタつかせて逃れようと暴れてしまいます。

 

そこで、歯を磨く順序は以下の6つの工程で行うと素早く完了できます。

  1. 下の歯の外側を左奥から右奥までぐるっと磨く
  2. 下の歯の内側を右奥から左奥までぐるっと磨く
  3. 上の歯の外側を左奥から右奥までぐるっと磨く
  4. 上の歯の内側を右奥から左奥までぐるっと磨く
  5. 下の歯の噛む部分を左奥から右奥までぐるっと磨く
  6. 上の歯の噛む部分を左奥から右奥までぐるっと磨く

この流れで行えば、無駄なく効率的に歯磨きが行えるので、是非ともお試しください。

 

 

赤ちゃんの歯の磨き方を是非ともマスターしてくださいね。


磨く際に口を固定する方法

磨く際に口を固定する方法も覚えておいてください。

 

歯を磨く際に赤ちゃんの口を開きっぱなしにしなければなりませんが、以下の様に行うと楽になります。

  • 下の奥歯…歯ブラシを持ってない指を下あごに固定して磨く
  • 上の奥歯・上の前歯…歯ブラシを握った手の脇を頬に沿って固定する
  • 下の前歯…歯ブラシを握った手の小指と薬指を顎にそって固定する

これで歯磨き時に赤ちゃんの口を固定して素早く磨けるようになります。

 

先ほど紹介した磨く順番と併せて行うようにしてください。

歯磨きを嫌がる場合の対処法

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合の対処法になります。

 

どうしても歯磨き時に赤ちゃんが泣いて暴れる場合は体を抑えて行う方法があります。

 

泣いている時は、どこかを指さしして「あっ、あれ何?」と声をかけると赤ちゃんはその方向を見ます。

 

このように注意をそらし、その時に口を開けてサっと磨くと良いでしょう。

 

首を振って暴れ回るときですが、両足で赤ちゃんの両足をおさえ、頭を両手で挟んで素早く磨くと上手くいきます。

 

その代りかなり強引な方法ですので、赤ちゃんが余計に泣き叫ぶ可能性もあります。

 

赤ちゃんが全く持ってじっとできない時ですが、両親2人で上半身と下半身をそれぞれ抑えて磨くとスムーズに行えます。

 

ただ、2人以上は必要ですので、両親もしくは祖父母と一緒の際に行うのが良いでしょう。

 

この3つの方法で赤ちゃんが歯磨きを嫌がる際はお試しください。

 

 

赤ちゃんの歯磨きは正しく行ってくださいね。


 


TOPへ戻る